『和について』なぜ食器は”5つ”セットなのか?


なぜ食器は”5つ”セットなのか?


「やっぱり5つ揃えたほうがいいのかしら?」
「食器は5つじゃないと気持ち悪いわねぇ~」
など、和食器は5つが定番です。

でも、なんで?

洋食器になると1セット6つになります。
店舗販売していた時、「5つセットじゃなくてもいいの?」と
お客様に聞かれても、まったく知識がなかったため、
もちろん1つから販売していたので、
答えは5つじゃなくてもいい。なのですが、
きっと質問の答えは、そうではありませんよね。
「そもそもいいとか悪いとか…、お客様の気にされてることって何だろ?」と、
私も心の中で思っていました。

すぐに答えらしきものにたどり着けなかったのですが、

いろいろ調べていくうちにわかってきたことを紹介したいと思います。


5にまつわる縁起


◆日本では、奇数が聖数になっている

日本の伝統的な年中行事でもある節句
中国の陰陽五行から由来し、日本にも定着したものです。
節句は、
1月1日 元旦
3月3日 桃の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕
9月9日 重陽の節句
と、1・3・5・7・9と奇数になっています
七五三祝いも、奇数です。

奇数がハレの日の数字となっているのですね。

また、文様にも五陵文と呼ばれる5角形の文様があります。
角が結ばれ、富に繋がるとされていたり、
五穀豊穣という言葉もあるように、5には縁起があるようです。

ハレの日には奇数を、その中でも5にまつわる縁起からも、
食器は5つ揃えになっているのではないでしょうか。


「食器は5つ揃えたほうがいいの?」について


日本の伝統文化として 5という数字に縁起がある

と、いうことが分かりました。
そのうえで、最初の質問に戻って、
「食器は5つ揃えたほうがいいの?」という質問です。

ここからは、もしかするとマナーや礼儀など
詳しく調べると違った提案になるかもしれませんが、
食器を販売するものとしての個人的な提案です。

5つ揃えが、ハレの日・縁起のある数字ということから、
普段使いのものには5にこだわることはなくても大丈夫だと思います
少なくとも、いままで調べてきた本の中には、
「5つ揃えでなければならない」という記述はみかけませんでした。

最近の暮らしで新しく「食器を5つ揃え」で買うとして、
1~2人の少人数家庭の場合、
スペース・コスト的に負担になることもあると思います。

なるべく5つ揃えにしたい場面やモノの例としては、

・来客用のもの。お箸や茶たく・湯呑など
・記念品やお祝いをプレゼントする場合
・結婚の引き出物にする場合

など、使う人や場面で選んでみてはいかがでしょうか。

あとは、ご自分の好みに合わせて取り入れたり入れなかったりで、
十分かと思います。

年上の先輩方からよく聞く、
「5つ揃わないと気持ち悪いわねぇ~」というフレーズには、
前は今よりももっと日常の中に、日本の伝統が強く関わっていて、
いろいろな縁起がしみこんでいたのかなぁという背景が感じ取れます。
「気持ち悪い」=縁起が悪い?のように、
どことなくおさまりが悪いと感じるのかもしれません。

しかし、たとえ5の縁起がなくても、
自分の使いやすい、気分良い数であれば問題ない!
と私は思います。


これからも伝えていきたい 日本らしい伝統文化


日常的には少し疎遠になりつつあるかもしれませんが、
このような縁起を取り入れた日本の伝統的かつ日常的な文化を、
私は、日本独特で面白いと思います。

縁起の多くは幸福や開運・健康などへの祈りが込められていたりもして、
とても平和的であり、日常の彩りであるな~と感じます。

宗教の枠を超えて、世代や人種も超えて、
海外の人やいろいろな地域の方に
知ってもらったり、紹介してみるのも楽しいと思います。
日本は「平和ボケ平和ボケ」と言われることがありますが、
「平和の何が悪いんじゃ!」と、私はいつも思います。

日本人が日常的に縁起を担いだり、幸福や開運を祈って、
地道に平和を積み重ねてきたから、今、平和なんじゃないか?
な~んて、私はとても楽観的にそう思ってしまいます。

そんなわけで、これからも平和を重ねていきたいものですね。


さいえでは、器はお好きな数でご注文いただけます。
(むしろ5つ揃わないことも多い!?です・・・)
ハレの器も、普段の器もぜひお買いものにお立ち寄りくださいませ^^


◆さいえ オンラインショップ


◆さいえ-yahooショッピング

 

 

タグ: