さいえの目標ーお父さんのお仕事記録


さいえの目標ーお父さんのお仕事


さいえがお店を続けていくうえで、頭の片隅に意識しているのは
店主の父、「お父さんのお仕事」です。

ふと気が付くと、さいえのやってみたいこと、すでにやっていた父です。


お父さんのお仕事①-メイドインジャパンを輸出


父は輸出をメインとした貿易をお仕事にしていました。
エリアは中東や東南アジアがメインで、
アイテムはテーブルウェアや家庭用品・日用品でした。
さいえももちろん父からの影響でキッチン・テーブルウェアを扱っています。

商品はメイドインジャパンのもの。

ゴールドは中東エリアで人気のカラー
模様もゴージャスでエキゾチックです。


デザインやクオリティは相手国バイヤーさんの希望するもので
国内での販売のないものと、
日本国内に流通するものの両方が輸出されていました。

輸出にはお国柄の好みが出るし、相手国に合わせるとしても、
細やかな日本製の技術も活かされている部分もあったり、
お互いの個性が商売の中で見えてきていました。

さいえもごくまれに、海外のお客様からお問合せや注文いただきますが、
もっといろいろな要望聞いてみたいです。


お父さんのお仕事②-海外に出かけて営業


これは父の話からですが、昔はスーツケースいっぱいにサンプル品を
詰め込み、海外へ出かけて営業まわりしたそうです。
時には現地の電話帳から電話をかけて営業したこともあるそうです。

行動力がいろいろな縁を掴んでいたんだな~なんて思います。

さいえも松屋町で店舗営業していたころは、
海外のお客様がたくさん来られていました。
商品を見てもらう機会、作りたい!ですね。


お父さんのお仕事③-デザイン


中東のバイヤーさんとは、定期的に新作デザインをリリースしていたので、
グラスやカトラリーの模様や形のデザインをしていたこともありました。

当時子供だった私や姉にもデザイン画を描かせてくれたり、
遊びでそんな体験もさせてもらいました。
日本のものづくりの全盛期という感じですね。

今も日本のものづくりって、昔と違ってもいろいろ作り出されていると思います。
デザイナーがデザインする、というのではなく、バイヤーと相談しながら
デザインを作る、という作業は楽しそうだなぁと、うらやましく思います。


さいえの目標


父の事業は大きいもので、さいえの小さな小売店とは馬力が違うのですが、
「父のやってたことって、さいえのやりたいことやん!」
と思ったので、ブログで表明しておくことにしました。

さいえの目標①輸出
海外のお客様に日本製をお届けしたい
さいえの目標②海外へ行く
海外へ出かけて、日本製商品を紹介する
さいえの目標③デザインに参加する
さいえオリジナルデザインの商品を作る

あくまで目標、まだできていないことだらけだけど、
さいえの今後の歩みを見守ってもらえれば、
それも面白いかな~なんて。

日本らしく、でも海外も大好きで。
モノを通して、それぞれの文化の交流も見ていきたい。
そんな風にさいえは歩んでいきたいと思っております。

タグ: