福田屋のお菓子Xさいえの器 2018-8月


福田屋のお菓子Xさいえの器 2018-8月


今月も季節のお菓子で日本の歳時記
今月は同じお菓子を器違いで見比べることとなりました。

季節感は外さないままに、器でお菓子の世界観も変わるのが
意外で面白かった今回の撮影。

お菓子は「水遊び」「風鈴」「百日紅」
定番ですが、やっぱり夏は金魚や風鈴のモチーフがかわいく、
夏祭りで金魚すくいをしなくても、日本人なら誰でも夏の景色を
思い浮かべることができる。というのが、風物詩のすごいところです。

美章園の福田屋さん 8月の上生菓子

大阪市阿倍野区の美章園駅のすぐ近くにある和菓子屋さん「福田屋」
福田屋-facebookページ


百日紅と書いて、読み方は「さるすべり」


さるすべりは夏の花

2枚目は山上學さんという沖縄で作陶している作家さんの器。
百日紅をモチーフにした和菓子とのコラボです。

沖縄を感じずにはいられない器ですが、
モチーフが夏の花。
思いがけず夏の空気感を伝えるコンビとなりました。

百日紅(さるすべり)ピンクの中に少し黄色が見えるかわいい花

福田さんは「ひゃくにちこう」とも言っていました。

福田屋さんに教えていただいて、恥ずかしながら初めて知りました。
なんと、意識して見ると、大阪の街中でも至る所に咲いているではありませんか!
友人の携帯のアルバムの中にも写真に収められていたり。
なんと身近な植物でした!今年以降は意識して見ていきたいと思います。

 


涼しさを伝える 錦玉の風鈴


ガラスの風鈴をイメージさせる錦玉製「風りん」
音は聞こえてこないですが、暑い夏の中の涼しさを届けてくれます。
音で涼を感じるのも日本独特のものらしく、
風鈴文化のない外国人の人にとっては、なんで?となるらしいです。
ちなみに余談ですが、香港では鳥の声を愉しむ文化があるそうです。
音楽以外の音の文化も面白いですよね。


こちはも同じく山上さんの器。
不思議と水辺や海をイメージする世界観に変身しました。
京菓子としては、違和感のある合わせかもしれませんが、
ホスピタリティによってはこんな風にタブーなく、いろいろ合わせてみたい。
と個人的に思います。


かわいい金魚 定番のモチーフ


金魚。
夏祭りと言えば金魚すくい。
大人になると、少し落ち着きましたが、子供の時は
楽しみで仕方なかった一大イベント。
そんなこともあって、金魚を見下ろすと、夏の思い出がふっとよぎる
なんともかわいいお菓子です。

このガラスの器もやっぱり好きです。

山上さんの器にのせると、、、
水辺でのびのびと泳ぐ気持ちよさそうな金魚。
かわいいです!


本物の金魚も、やっぱりかわいいな。

最初は山上さんの器。インパクト強くて似合うかしら?なんて
思っていたけれど、なんのその。
夏のモチーフをどれも引き立てる素敵な世界観が見られて面白い撮影会でした。

山上さんの器の取扱いはありませんが、興味ある方は、
山上學さんは展示会など、大阪でされることもあるみたいなので、
チェックしてみてください。

紹介した和菓子は、美章園福田屋さんの今月の季節のお菓子として販売中です。
さいえの器もよろしくお願いしますね!

夏!強烈な暑さですが、頑張って乗り切りましょう!!!!

タグ: