鉄瓶使用のルーティーン

鉄瓶の毎日の使用の流れ

使い始めたばかりの鉄瓶。
使い始めからそんなに味に違いある??
と疑っていましたが、けっこう水がおいしくなったので、すんなり日常に溶け込んで毎日使っています。

まだまだ試しながらですが、
毎日の使い方の流れをご紹介します。

1.お湯を沸かす

まず、朝なるべく多く、お湯を沸かします。
前回の失敗があるので、すでに毎回蓋をずらしています。

前回のブログでは、鉄瓶の使い始めの処置を紹介しています。
南部鉄器を使ってみよう!使い始めのお手入れ編

ここで心地よいお湯の沸く音が聞こえてきたなーと思ったら、
ステンレスの注器に入れ替えます。

2.お湯を入れ替える


そのまま使っても良いですが、私はお茶を入れるためにもまずお湯を入れ替えます。
鉄瓶の熱いうちに中身を空にして、ふたもあけておきます。
そうすれば、勝手に乾いて清潔、楽、です。
錆び防止のために、お湯を注ぎ切ります。

鉄瓶の内部は洗いません。
実は中はよほどのことがない限りこれからも洗いません。
きれいな湯あかができるまで使い、より鉄分補給のできる鉄瓶に育てます。
触ると内部はけっこうザラザラしています。いかにも洗いにくそう、、、なので、
なるべく汚さないよう注意して、洗わずに使います。

毎回洗わなくていいという点は扱いが楽です。
たまに汚れが付いた時だけ、拭いたり、流したりします。

3.コーヒーを淹れる

さて、
せっかくおいしいお湯ができたので、ここでまず一杯。
私はコーヒー派なので、ここではコーヒーを入れてます。
アツアツのお湯を移し替えることでコーヒーやお茶にとって適温に。

写真を撮りながらコーヒーを入れてますので、
写真もコーヒーの淹れ方も下手です・・・。


蓋を開けて、鉄瓶内部を自然乾燥させます。
熱いうちはすぐに乾きます。

4.移し替えたお湯は一日かけて使う

一番のポイントは、鉄瓶で沸かしたお湯はそのまま置いていても
臭みなどなく「味がまろやかなまま」でした。

ちなみに私が使っている水は水道水です。
水道水がおいしくなっていることは飲み比べた結果、その差ははっきりわかりました。
(ちなみに大阪です。水道水がおいしい地域もありそうですが。。)
なので、
水道水派の方には鉄瓶はおすすめですよ~。
おいしくなります。
せっかく水道水が飲める日本ですので、もともと飲んでいましたが、
ちょっとおいしくなって、しかも鉄分補給も期待できるので水道水をこれからも飲むことになりそうです。

ちなみに、水道水とそれを鉄瓶で沸かした水を、
時間がたってからもう一度飲み比べると、
同じ時間置いておいた水の味は、全然違いました。
水道水は臭いが気になって、我慢して飲みましたが、
鉄瓶で沸かしていた水は臭いもなく飲みやすかったです。

注ぎ用のポット(蓋付き)と鍋敷きをセットで使います。
タオルも必須アイテムですが、かわいいタオルじゃないので写真に写していません。

5.一日に沸かすのは1回

私の場合は、その日にホットで飲む分のお湯を一回沸かすだけで足りました。
家族の分もお茶を入れるときは2,3回と増えるかもしれませんが、
それほど手間でもありません。

注意としては、
ガスコンロを1口塞いでしまう
鍋敷きが必要
重い/熱い

ということくらいでしょうか。
汚れなければ、洗わなくていい。
というのもいいところです。

また、コーヒーの飲み比べや湯あかがきれいにつくか、
ブログに書きたいと思います。

鉄瓶の使用上の注意についてはこちら▼
鉄瓶/急須の取扱い・注意点 #南部鉄器


タグ: