金継の器が帰ってきた


金継の器が帰ってきた


遡ること2015年5月、
金継ってどんなもんやろう?ということで、
どぎまぎしながら金継依頼をしていました。
というブログを書いていましたが、もう2年前・・・。

▼金継を依頼したときのブログ
金継の依頼してきました

そんな、金継依頼の器が帰ってきました!

帰ってきた器、みなさまも一緒に見てください^^

金継の器たち


こちらは割とシンプルにカケのできたカップ


水漏れという形で、持って行った段階では、いったいどこが問題?と、
水漏れ箇所のチェックまでしていただいたカップ。

なんだか器のキャラに合ってる?面白いです!!


一番の問題児。
足つきカップの足!
これは後述の方に、「無理です」と言われた案件です。
しかし、ふたを開けてみると優美な雰囲気に包まれる素敵なカップに変身しています。
本当にありがとうございました。

 


金継によってグレードアップする器たち


今回は女性の中野さんという方にお願いしました。
女性だから?わかりませんが、
金継にも個性が出るように思います。
全体的に元の器より、まろやかな空気感に変わった気がします。

金継したので、前以上に丁寧に扱わないとなーと思う一方。
もともとのお手頃価格のカップたちは、
(一つめのカップは600円台!)
金継したことによって、ランクアップ?してます!
お客様用に昇格したかも!!
なーんて思ったりします。

今回はカップばかりでしたが、お気に入りの小鉢とか、
丸皿とかも、試してみたら面白いかも。
また、5枚くらい集まったら、お願いしたいですね~~^^

他にも2点ありまして、
今回の金継代金は全部合わせて特別価格10000円でした。
(納期が遅れたなどの事情もあって。)

金額だけ見るとけっして安くはない金継。
金継の前とあと。
器の面白さに触れられるので、
これは、みなさん、やってみるべきです!笑


どんな器でも金継をしてもいい


依頼するときに、ためらっていたのは、
ある人に金継できませんか?と相談したとき、
「安い器を金継してもねぇ・・・」
と、言われたことが気になっていました。
でも、中野さんは、
「違った味わいになって、面白いと思います。」
と、おっしゃってくださって、やってみました。

今思えば、安い器も高い器も関係なかった!

友人も洋食器やビンテージ器を自分で金継したりと、そもそも器に
金継の向き不向きを決める方がもったいなかった。
まだまだこの器を使いたい!と思ったら、金継がおすすめです。

タグ: