利十郎窯 信楽焼たぬきと縁起物2016とケヤキの話


We are from Shigaraki !
利十郎窯 三尾昌賢さんのかわいいたぬきの展示 開催中!


2016年7月2日から、「We are from Shigaraki 」利十郎窯・三尾昌賢さんの
信楽たぬきや縁起物たちが来てくれています。
縁起物いっぱいで小さなパワースポットな会場です。
大阪・谷町六丁目 さいえ@やままちギャラリー

7月の展示の写真とともに縁起物ついても紹介!

201606-15
◆【信楽たぬき】
信楽と言えば、たぬき。大阪に大勢で来てくれましたよ。
陶器のたぬきが初めて作られたのは信楽で、長い間お土産や縁起物として
愛されています。
「他を抜く」たぬきということから、商売繁盛や勝負事、立身出世の縁起物とされています。
店先、庭先におなじみですよね。

三尾さんのたぬきカラフルなので、色からも縁起を担いでみてもいいかもしれません。

201606-13
◆【狛犬】
右が「あ」左が「うん」の阿吽の呼吸の一対です。
魔除けとして神社にいる姿を思い浮かべますが、起源や性別などなど諸説ありでなかなか不思議な存在です。
今回の展示では、玄関に一対かっこいい狛犬ペアが出迎えてくれてます。
たのもしいな。
写真の後方のバーニーズマウンテンドッグもペアの狛犬です。

201606-11
◆【だるま】
個人的に好きなだるまさん。
(けっこう一般的なだるまなのに、誰ともだるま好きってことで
意気投合とかできたことないです。。笑。)
中国の達磨大師がモデルというのは有名ですね。
だるまさんは目を入れるということから、皆のありとあらゆる願いを
一身に受ける存在。素敵ですよね。
陶器のだるまは珍しいようにも思います。
三尾さんのだるまは目はすでにあるので入れられませんが、
変わらないお顔で、お悩み相談できそうな存在感ありです。

201606-14
◆縁起物界のスーパースター 【まねきねこ】
右手は福・お金を招き
左手は人・お客さんを招くそうです。
猫がかわいいのは永遠ですね。
三尾さんの招き猫は2サイズいて、模様もいっぱいあってかわいいです。

201606-12
◆【フクロウ】
フクロウも定番ですね。最近、フクロウカフェやフクロウグッズも人気だったりして、
猫に続き、不動の人気を感じます。
不苦労、福老と言われたり、知恵の神様と言われたりします。
展示ではなんと4サイズあります。

201606-9
◆【カメ】
言わずもがな「亀は万年」ご長寿の象徴です。
やっぱり若者より落ち着いた大人に人気があるように感じます。
店主も動きの遅い亀よりも動き回る猫や鳥のモチーフのほうが好きでした。
動きが遅いというのも、安定した印象が持てて、人気なのかもしれません。

201606-10
◆【パンダ】 空堀ではパンダも街の人気動物な感じがします。
今回は縁起物プラス猫、犬、パンダがいます。
癒しの存在です。

◆パンダの横には小さなカエル
色も5種類あって、顔もそれぞれ違います。
「無事帰る」「お金が返る」「安く買える」「若返る」
いろいろなカエルのゲン担ぎ。

201606-16
そして、今回は動物の植木鉢も登場しています。
こちらは、注文のあった植木鉢です。
松屋町駅すぐ近くの練にあるSeason’s Greenさんにアレンジメントしていただきました。

こちらも同じくSeason’s greenさんによるアレンジ
201606-17
一つ大きいサイズの植木鉢にケヤキを植えてもらいました。
なんとも魅力的な盆栽です。

ですが、、、
なんとこの3日後には、
店主がケヤキをうっかり見ていなかったせいで、
葉っぱがシワシワに・・・
大反省しつつ、Season’s Greenさんに報告。
見てもらったところ、まだ生きてる。とのことだったので、
プロにお返しすることにしました。
最初は、お代を払って引き取ろうかとも思いましたが、
私が引き取ってはケヤキが死んでしまうかも・・・と思い、
考えなおして、申し訳ないと思いながら、お返ししました。。

植木鉢も、それぞれ顔や足や模様など違いがあって、
一つしかないものはちゃんと大事にしなければ・・・
と改めて思いました。
そんなブログを書こう!と思っていたさなか、、、
ギャラリーの植木鉢を倒して割ってしまいました・・・
ほんとに、、
情けないです。

最後は反省ブログになってしまいました。。
月火曜はお休みですが、また水曜からオープンしていますので、ぜひお越しくださいませ。
また、18日月曜はオープンです。
8月はいったんお休みとなります。

暑いですが、皆さま気を付けてお過ごしくださいませ。
ぜひお待ちしております🎵

タグ: