廣川みのり 花のうつわ展 web展示


『廣川みのり 花のうつわ展』ただいま開催中


2016/6/1(水)-6/19(日)13:00-19:00 月・火 定休
谷町六丁目 さいえ@やままちギャラリー

ブログでは、描かれているモチーフについて紹介します。
予習にも復習にご覧くださいませ。

そして、簡単ですが、器の作り方の簡単ガイドも書いています。
作家さんの一つ一つの作業が具体的にイメージしてもらえたら嬉しいです。

それでは、web展示もごゆっくりご鑑賞くださいませ♪

========

◆【山茶花】さざんか
椿に似た冬に咲くピンク・赤・白の花
椿は花ごと落ち、山茶花は花びらがひらひら落ちて散るそうです。
真っ青な青に咲く花が描かれています。
1605-19
大きな器だと、ドラマティックですね。
こちらの器のお皿の部分は、
たたら作り」という板状の粘土から作られていて、
高台(足の部分)はろくろで制作されています。
ろくろで作ると、中心がしっかりとれるそうです。

1605-28
他にもカップやひし形の小付なども。
この季節にも涼やかな色です。

◆【庭の花】すぐ近くにあるかわいい草花
チューリップ、ぜんまい、わらび、どくだみなど
身の回りで見かける植物が描かれて、親しみやすさのような雰囲気を醸しています。
1605-22
DMや看板の写真にも使っている器なので、人気です。
写真のカップやお茶碗はろくろ作り。
プレートやコーヒーカップはたたら作りのものあります。
絵付けはすべて手描きで、少しずつ違いがあったり、
ろくろとたたらでは形の持つ雰囲気も違います。
見比べてみてください。

◆【インディアンの羽】
花ではないですが、ここにあると、葉っぱですか?と聞かれます。
でも、みのりさん曰く、どちらでも良いそうです^^
1605-23
シンプルなモチーフですが、カラフルで楽し気な雰囲気いっぱいの器です。

◆【バティック文様】インドネシアの染め物、サロンという
腰巻に使われている植物をモチーフにした模様の写しの器。
アジアチックな雰囲気です。
1605-29
大きな鉢もあって、ダイナミックです。

◆【アニメ紋】チューリップや猫や建物のような絵が描かれています。
身の回りのいろいろなものにインスパイアされて描かれた模様。
こちらはモノクロですが、色のついたシリーズもあります。
1605-30

◆【カーニバル】ひまわり、ちょうちょ、植物の種など。
賑やかに描かれた元気なうつわ。
大きな鉢はボリューム感満点です。
1605-31
こちらの鉢は、大きな粘土の塊から、大きな鉢へと仕上げていくそうです。
他のろくろ作品とはまた違った迫力を感じられる器です。

◆【玉桜】やっぱり日本人には桜です。
華やかな桜が描かれたうつわ。「玉桜」とは、みのりさんが玉のような桜という意味でつけられた名前。
ソメイヨシノではございません^^
1605-32
ろくろで作られたお皿も整った形が素敵です。

◆【菊】菊も日本の花というイメージ。
少しアジアチックな印象の絵付けの器です。
シンプルなお部屋に置いてみたくなるほど模様がしっかりと描かれています。
1605-34
こちらのシリーズはカップのみ。すべてろくろで制作されています。

◆【火の花】名前が見つからないお花。
シャクナゲのような、そうでない洋花、とのことです。ききょうかな?
お花の名前も形もさほど詳しくないので、調べるにも花の種類が多すぎでわかりませんでした。。
1605-36
何の花か詳しくわからなくでも、なんとも面白い色合いも絶妙です。
こちらも絵付けがしっかりされていますが、和洋問わずどちらのシーンでも使えそうなうつわです。

◆【黒い花】李朝の壺に描かれている植物の写し。
この模様は一つの器じゃなく、いくつかの器に見られる模様らしく、
当時の流行模様だった?などと予想。
1605-35
写しの模様も、みのりさんテイストになって描かれています。

◆【小梅】小梅柄の器は玄関ホールにて展示販売しています。
遊び心ある形の向付。
和食、懐石でこの器でお料理出てきたら、ワクワクしますね。
1605-33
かわいい梅もカラフルに描かれています。
たたら作り。

=====
みなさま、展示はいかがだったでしょうか?
まだまだお見せ出来ていない器もあります。
そして、このやままちギャラリーも素敵な場所です。
ぜひ遊びに来てくださいね^^

常設の商品も販売しておりますので、そちらもゆっくり見ていただきたいです。
さいえは、なかなかややこしい限りですが、今月は19日までの営業です。
常設も19日までの営業ですので、お間違いないようお越しくださいませ。

今回は、玄関ホール部分でも展示があります。
こちらも見てくださいね。
不思議なポットですよ~~。
1605-37

なるべく、手洗いで洗い、電子レンジは使わないことをおすすめいたします。
また、ご質問などメールでもお気軽にお申し付けくださいませ。

タグ: