展示とワークショップフェス報告

こんにちは。

ただいま展示中の甲斐幸太郎さんの「花器と額とうつわ」も
折り返し地点です。
後半もどうぞよろしくお願いします。

甲斐さんの作品を少し写真でご紹介します。
1605-13

1605-11

1605-10

1605-9

1605-8

どこかかわいらしい雰囲気や柔らかい雰囲気のものもあって、個人的には
癒しの作品だと感じております。

ふだんは、花器や額がないので、、
こんなに華やかになるものだなぁと、新鮮な気持ちでいっぱいです。
普段から、額なんかも販売できたらいいなぁという、希望がわいたりしています。

木工は、お話を聞けば聞くほど興味が沸きます。
奥深い世界ですし、木の特徴も種類によっていろいろあり、甲斐さんがその都度
丁寧に説明してくださいます。

来週は21日(土)、お昼14時頃から在廊してくださいます。
質問など、聞いてみてください。

1603-49

そして、週末13日14日に開催したワークショップ
「うつわとコーディネート 基本の基本」講座
少しですが、ご報告。。。

1605-12

1605-14

1605-15

初心者なら聞いてみたいと思うかな?
という事柄を幅広く、テキストにして、お話しました。
陶器・磁器の素材のこと、
呼び名や特徴、見るポイント
取り扱いの代表的なこと、
一汁三菜、
コーディネートのポイント

・・・

幅広く、浅く。。という感じでした。
最後は、皆さんにうつわで配膳のシミュレーションをして、終了。。

喜んでいただけたでしょうか??
駆け足で話しすぎて、、面白みが伝えられなかったかな・・??
初めてのことで、私も専門家ではないので、少し専門的な質問はあいまいな答えになって、
申し訳なかったです。
また、浅く、広くだったので、あまり聞きごたえなかったかな??
いろいろ反省点が浮かんできましたが、私もまだまだ勉強中。
そして、我ながら頑張ったテキストもできたので、また少し修正して、
何かの機会にお目見えさせようと思います。

テキスト見たい!という方は、ご一報ください。笑

ワークショップにご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

―――

ちょっと思ったこと。

そして、昨日の閉店後、Morizo-の内田さんと甲斐さんとちょっとだけお話していました。
木の質問をしたりしつつ、モノを作って売るって大変。。なんてことも言いつつ、
いろいろ話していて、内田さんはいつも、「いい仕事」のモノを使おう、
長く大事にしよう。これからも残していこう。というようなことを言っています。
(違ってたら、すみません。。)
帰ってから、ふと思いました。
大事にするのは、値段だけじゃなくて、思い出とか気持ちもないと、大事に
できないなーと。「いい仕事」の部分に気持ちを乗せて、さらには、思い出とか、
何かの記念や、お祝いや、宝物であるとか、そのものが単純に好き!とか、
そういうことがあるといいなーと思いました。

お金は価値を量るのに便利だけど、思い出という違う価値では、あんまり意味がないです。

と、ふと思いました。
さいえは、安いうつわと高いうつわを横に並べるので、、そんなことを思ってみました。

タグ: