我が家の盛り付け #耐熱プレート パイ皿2

店主の盛り付け提案
我が家の盛り付けです。

今回も耐熱プレートの使用例です。

涼しくなってくるとアツアツメニューがおいしい!
そんな時期に超おすすめ!な耐熱プレート。

直火・オーブン・電子レンジOK 耐熱プレート/パイ皿

0046--5
前回と同じく、使用しているプレートは、21cmの白です。

まずは、
普通のポテトコーンクリームグラタン
20159-6
具材をプレートに入れて、炒める。

20159-7
続いてクリームを入れて少し煮立てる。
そして、チーズをまぶしてオーブンで焼き目を付けて出来上がり。
20159-8
フライパンの調理と、お皿が一体化してて、作業が楽です。

食べ終わった後、フライパンを洗うひと手間を省けて、楽です!
同じタイミングで、別のグラタン皿でもう一皿作っていましたが、
こちらのプレートの方がホクホク感アツアツ感がしっかりしていました。

そして、
今回も肉。
20159-9
こちらは豚肉の角切り肉。白ネギと炒めています。
おなか減っている状態で調理+撮影しているからか、調理中の写真はブレている写真がほとんどでした・・・
こちらもフライパンを洗わなくていいので、片づけはやっぱり楽でした。
しっかり炒めたら、付け合せものせて、盛り付け。
最後に焦げ目をつけようとしたら、ネギが真っ黒になってしまったので、やや引き気味の写真です・・・
写真ではわからないのですが、ジュウジュウ音が鳴っているのです。
ステーキ皿としても、アツアツでサーブできるんですよ。
20159-10
※お皿は熱いので、必ずミトンなどをお使いください。

21cmサイズだと、1人前ワンプレートでちょうどいいくらいのサイズです。
直火でも、小さすぎない大きさですが、小食な方には、18cmで十分かな。という感じですね。

 

まだまだ、耐熱プレートでの調理、研究しますね。

陶板。
フライパンとは熱の入り方が違う気がします。
いつものフライパンと同じようにやっていると、火加減のタイミングが違いました。
味も違うように思います。じっくりあたためながら火が入るイメージなので、向いてる料理を見つけたいですね。

ちなみに、写真の焦げは、少しだけ水に浸した後、タワシでゴシゴシ洗ったらきれいに落ちました。
グラタンの時も焦げ付きましたが、それもタワシを使って落しました。
あると便利なタワシ。耐熱プレートとは好相性でした。

また、いい調理例があれば、紹介したいと思います!

 

 

タグ: