我が家の盛り付け #耐熱プレート パイ皿

店主の盛り付け提案
我が家の盛り付けです。
先日、紹介しました耐熱プレートの使用例をご紹介します。

商品はこちら。
直火・オーブン・電子レンジOK 耐熱プレート/パイ皿

直火OK 耐熱プレート 廣川純

0046--8

私が使っているのは、21cmのプレートです。

小さいのも一人用としては良いのですが、やっぱり火にかけてしっかり調理用としても使いたい!という方には大きい方がお勧めです。21cmでも、コンロにかけると、小さくおさまって見えたりします。

〇チキンのハーブ焼き

20158-15
チキンの皮の方を下にして、塩コショウ、ハーブとレモンで下味をつけて焼きます。
プレートにはほんの少し、オリーブオイルを入れました。
初めは、強火で十分プレートを温めて、お肉の臭みを飛ばします。その後は、弱火で、じっくり焼きます。
20158-16

待つこと30分。ひっくり返して、また強火で4-5分。
20158-17
すると、こんな感じです。

課題としては、皮面はもうちょっと強火で焦がしてパリパリにしたかったですが、
お肉は柔らかくって、おいしかったです。
丈夫なプレートなので、そのままナイフを入れて、プレート上でカットしながらいただきました。
他にも、違うお肉でもステーキなどなど、少人数で焼き肉、などもおすすめなプレートです。

〇焼き野菜
20159-1
こちらの野菜をカットします。
そのまんまです。野菜炒め。
グリルとか、アヒージョをイメージした感じです。
20159-2

カットした後は、オリーブオイルをかけ、塩コショウして焼くだけ。
時々焦げないように混ぜたりしながら、様子を見ます。
出来上がりに、粉チーズをかけます。
20159-3
オリーブオイルを先にニンニクで炒めたりしておけば、アヒージョもできそうですね。
天ぷらはできないので、注意してください。
白いプレートだと、写真のように焦げめが見えます。

焦げ付きは、タワシ、金たわしなどでゴシゴシ洗ってOKです。

実は、プレートの裏面の焦げ付きをタワシでこすらないまま、しばらく使っていたところ、
ちょっと(いや、かなり?)真っ黒に・・・ショック。。
それでも変わらず、活躍してくれています。

20158-18

耐熱プレートは、少しずつ寒くなっていく季節に超おすすめです。
いろいろな使い方でお楽しみください。
 

さて、全く関係ない余談です。
9月になって、すっかり暑さがどこかへ行ってしまいましたが、夏に車で出かけた二つ。

●エルマーズグリーンコーヒーアンドベイクス
20159-4

いつも元気に働いているパン職人のNさんのお店へ行ってきました。
とーーーても素敵なお店。行ってみてくださいね!

大阪と和歌山の境目の海。
夏に海を見られるのは、いいことだなーと、ふと思いました。
20159-5
なんだか、夏も終わり・・・な雰囲気なので、慌てて紹介。笑

 

 

タグ: