マグリット展と堂島リバービエンナーレ2015に行ってきました!

お盆に・・ではありませんが、少しアートに触れてきたので、ご紹介します。


シュールレアリスムのルネ・マグリットの展示
マグリット展に行ってきました!


京都市美術館 マグリット展

壁紙工場で働いていたマグリット氏
絵がうまい!壁紙工場出身だけあって、絶妙に上手なバランス感覚を感じられました。
100年近く前くらいに活躍していたとは思えないくらい、色褪せない、飽きさせない面白さがありました。

20158-3

フランス留学時代に初めて知ったシュールレアリスム。
なんだかアングラな感じで捉えられているのかな?と思ったりもしますが、
フランスではシュールレアリスムは一つの魅力的な時代。として、受け止められているようで、
シュールレアリスムって気になる大好きなアートムーブメントです。

 


堂島リバービエンナーレ2015 take me to the river へも行ってきました!


本音を言うと、大阪でアートって実はなかなか触れられない!
っていうのが普段の印象。
そんな中でもたまに「アタリ」なアートイベントがあります。
それがこの「take me to the river」
水をテーマにした作品の数々。

館内がとにかく涼しい、水を思わせる展示のいろいろ

20158-4

20158-5

20158-6

20158-7

写真OKだったんです。

池田亮司さんインスタレーションが、とても心地よかった。
エレクトロニカライブって感じでもありました。世界は変わってゆくなぁー、と感じた展示でもありました。

 

どちらも、まだやってます。
気になる方はぜひ。

 

器は毎日使うもので何気ないものですが、
1点1点違うことや、手作りのぬくもりを感じたりすると、
ふわりとアートな空気感を感じたりもします。
そんなに仰々しいものではないのですが。。
尊いというか、刹那的というか、大切にしたいものだな。と思います。

ごはんや食べ物を盛り付けることも大好きで、器が好き。という部分もありますが、
時おり、アートを感じさせてくれることも、器の好きなポイントかも・・・と思いました。

なんだか、秋が近づいているようですね。

タグ: