我が家の盛り付け #木のプレート2

店主の盛り付け提案
我が家の盛り付け

今日も木のプレートを使って、盛り付け例をご紹介。
木のプレートを使った感想を交えながらさっそく、盛り付け例を紹介します。

使用しているプレートは、
甲斐幸太郎さん手造り 木のプレート 木の種類は色の薄い方の、「タモ」
※タモは販売終了しました。タモに替わって、ホワイトオークが登場しています。

 

〇プチパンケーキ

20156-5

20156-4

パンケーキを盛り付けたくて、焼いたのですが・・・。
トッピングになるようなものが、全くなく・・・。
さみしいパンケーキになってしまいました・・・。
みんなが大好きなパンケーキというのは、トッピングも含めてのパンケーキのはずですよね。。

次やるときは豪華なトッピングを用意しなくては!

*****
木のプレートと、トーストやパンはすごく相性がいいらしいのです。

木はパンの蒸気を程よく吸って、パンの底に水分がたまることなく、おいしい状態が保たれるそうです。
パンケーキも同じく、ホクホクしたものを置くと、木が受け止めてくれます。
今回プレートを使ってみたところ、
こちらのプレート、オイル仕上げなので、使い始めはちょっと木の臭いが気になるかも・・・!
と思いました。
木の臭いがパンケーキに移らないように、と思い、急きょ、ペーパーナフキンを台紙にしました。

タモとウォルナットで販売中ですが、おそらく、こちらのタモの方が、臭いが強い?かもしれません。
パンなど臭いの移りやすい食べ物(特に温かい食べ物)は、様子を見て直置きするのが良いとおもいます。

そんな感じで、臭いを気にしつつ、さらに盛り付けてみました。

 

〇和食 三種盛り

20156-7

 

まあ、簡単な三種。笑
厚揚げを焼いたもの。ひじき。きゅうりと長芋の和え物。
こんな感じで、ひじきではなく、盃にお酒を入れる盛り付けも素敵。

ここでは、厚揚げを直置きしてます。
油ものの直置きってどうなんだろう?と思いましたが、染みこみはありませんでした。

そして、油もののほうは、直置きでも全く臭いが気にならなかったです。
蒸気の方が、木の香りをわかりやすくさせるのかもしれません。
油が木の膜になって、これはこれで、相性がいいのかも・・・。と思いました。

うつわの取扱い・注意点 #木工
オイルのお手入れはしておいた方が使いやすくもなり、長持ちもする。
と、今回盛り付けながら感じました。
オイル仕上げなので、水かぬるま湯で洗うのですが、
20156-3
こんな感じで、水分をはじいています。
繊細ー、と思っていましたが、なかなかしっかりしています。

後日、作家さんに「木の臭いは時間とともに薄れますか?」と、聞いたところ、
「時間に関係なく、あまり変わらないと思います」
という回答でした。
通販ではなかなか臭いは伝わりませんが、オイル仕上げは木目のきれいさがありますが、
臭いも多少あるので、ご了承ください。

もう少し、木工の盛り付け紹介予定です。
長く使ってもらえたらと思って、いろいろご紹介していきます。(めっちゃゆっくりですが・・汗)

 

おまけ
20156-6
大豆をいただいたので、圧力鍋で水煮にしました。大豆を家で水煮にするのは初めて。

そんな大豆でひじきを作ったのですが、大豆っておいしい!と、ちょっと感激しました。
黒豆なんかも自宅で煮るのはまた違うのかも。。と言っても、圧力鍋でめっちゃ煮時間少ないですが・・・。
こんな感じで、大量に煮た大豆は、小分けにして冷凍保存します。
1~2か月くらいで消費するのがベストのようなので、夏の間に食べ切ろうと思います。

タグ: