基本の一汁三菜

なにかと、忘れがちな配膳マナー。

最近はSNSとかで、お料理写真を見せる機会も増えましたよね。
せっかくの写真なので、配膳マナーもちょっと意識。
おさらいのつもりで、載せてみました。

20155-22

 

付けたしポイント

・焼きもの皿はメインのお皿

・汁ものは、場合によっては取り皿になることも。

・香のものは、真ん中に来るのが、スタンダードです。

絵では、小さいうつわなので、配膳バランスでここは少し左右に移動しても問題ないかなー・・・と、勝手に左寄せにしています。配膳の決まりは、あらゆる世代の人、男女問わず、みんなで気持ち良く食事につくための決まりなので、勝手に変えないもの。ですが、今回は家庭向きにカジュアルに、、と思いました。

 

実物のモデルはこちらです。

そばちょこ以外は、販売中の器です。

写真 2015-06-02 14 37 53

ごはんと汁ものをトレイに乗せてみました。

ランチョンマットがありますが、ごはんと汁物を長方形のトレイに乗せました。
お盆や一人膳よりも少しカジュアルに。
今回は一人分の配膳ですが、一汁三菜も家族で揃えると気持ち良い食卓になりそうです。

 

個人的に、食事で最初にお味噌汁に手を伸ばしてしまうので、ついつい左に置きたくなりますが、
ごはんと汁もの、逆になるとお供えものの配膳になってしまいます。
お客様に出すときはご注意ください!

昔、お箸は右手、お茶碗は左手。と教えられていたのを思い出します。

 

SNSに投稿されているのを見て、最近まで、お弁当やごはんが
まさかこんなに人前に出るなんて、予想もしてなかったです。
外国に修行に出かけていたフードーコーディネーターのSHIORIさんが、
かなり前にブログで、
「日本人のお母さん達は、世界のお母さんたちの中でもかなりお料理頑張っていると思う」
と書いていらっしゃいました。
買ってきたり、食べに行ったりすることも(物価の関係もあると思うけど)、
国によっては日本より多いようです。

なので、写真でお料理写真見せる、というのも、当然の流れなんだなぁ・・・と思います。

そして、もしかしたら、これからは個性のある、テーブルスタイリングも楽しめる時になっていくのかもしれませんね。

 

 

タグ: