うつわの取扱い・注意点  #陶器

陶器は、陶土と呼ばれる粘土と炎で作られるうつわ。
土もの。と呼ばれたりもします。
土や窯の違い、様々な特徴があって、変化することもあり、とても味わい深いうつわです。

今日はどんな器に盛り付けしようかな。
和食器は、色も形もバリエーション豊かで、
盛り付けは和食だけでなく、洋食や中華でもかっこよくなる万能選手でもあります。

そんな陶器ですが、キッチン周りの環境の変化や、
外国の食器などが多く使われるようになって、
「陶器の取り扱いがわからない。」と思われる方も多いと思います。

陶器を長く使っていくための注意点などをまとめてみました。
かなり取説感のある記事なので、みなさんの必要なところを見つけて、ご参考にしてください♪

▼陶器と配膳のお話はこちらもご参考に
陶器と配膳の基礎知識

【目次】

***陶器ってどんなうつわ? 陶器の見分け方
***覚えておきたい陶器の特徴
***色シミ防止と目止めの処置
***洗うとき・しまうとき
***陶器と食洗機・電子レンジ・オーブンなど
***陶器の修復方法について、私の経験

 

 

***陶器ってどんなうつわ? 陶器の見分け方

自分が陶器が好きか、磁器が好きかによっても、器を買いに出かけるお店や場所に違いがありそうですね。
自分の食器棚を見て、どんなうつわが必要かなーと考える時、
足りない食器の大きさ・数・使い道などなどとともに、
陶器がいいか、磁器にするかなども、
考えておくと選びやすくなりそうですね。

では、お買いものに行ったつもりで違いを見てみましょう。

 

【陶器】は、
・うつわの底の部分、素焼きの残っている部分に少しザラザラ感が残っているもの
・指で器をはじくと、比較的低く響かない音がする
・光にかざしても多くは透き通らない
という特徴があります。

陶器の糸底
陶器の糸底

 

一方、【磁器】は、
・焼が固く、陶器に比べ、目の詰まった感じがする
・指ではじくと、高くて響く音がする
・純白色が多い

分かりにくいうつわもたくさんあると思うので、買う前に自分の食器棚で確認したり、
お店の人に聞いてみてくださいね。
洋食器に対して、和食器、と呼んで区別する場合もあります。
和食器は形もいろいろありますね。

***覚えておきたい陶器の特徴

■表情の違い
さいえで扱う陶器のほとんどは製造の際、人の手が加わっています。
うつわによってはほとんどが手作業で作られているものもあります。
そのため、一つ一つ少しずつ違いがあり、表情と言ったり、景色と言ったりします。
カケや、虫食い(釉薬のかからなかったところ)も愛着を持って、景色といいます。
不良品ではなく、味わいとして見るのが、日本らしいですね。

それぞれにある違いや個性は陶器の魅力の一つです。

■貫入(かんにゅう)
陶器の釉薬(うわぐすり)に入る細かいヒビのことを貫入と言います。
ヒビ割れと違い、焼成後の温度差や経年によってできるものです。
そのため、買った時から何年後かに見ると、貫入が進んでいる場合があります。

このヒビに飲み物の色などが入り込むことがあります。
苦手という方は目止めの処置など、お手入れをしてください。

貫入がある器は、変化も楽しみながら、器を育ててくださいね。
貫入は器によって、大きいもの細かいものといろいろです。
買い物するときに、ぜひチェックしてみて下さい。

茶渋がしみこんだ貫入
茶渋がしみこんだ貫入
表面の貫入
表面の貫入

■吸水性
陶器は磁器に比べ、低温で焼成されており、土の風合いが残っていることが特徴です。
内部にも隙間があったり、空気が残っているため、吸水性があります。
貫入から水分が染みこんで、色が変わったように見える器もありますが、
水がしみ出てこない限り不良品ではありません。
こちらも目止めの処置などをおすすめします。

日本酒などで使う盃やぐい呑みなどは、専用でうつわを使うことで「器を育て」ている方もいらっしゃいます。

■カケ
陶器は磁器に比べると、ぶつけたときに小さなカケができやすいので、ご注意ください。


<h3***色シミ防止と目止めの処置

陶器は一般的に吸水性が高いために、汚れや匂いが付きやすい場合があります。
ご使用前に「目止めの処置」をしていただくと、色染み、汚れ防止や臭い防止になります。
これはお米のでんぷんが、陶器の表面の粗い目を埋めるからです。
(一度で目が止まらない場合は繰り返し目止めの処置を行ってください)
★目止めの処置
1 ナベに、器と、米の研ぎ汁(もしくは水とかたくり粉または小麦粉)を器がかぶるくらい入れる。
2 火にかけ、沸騰後20分ほど弱火で煮沸する。
3 そのまま冷やしてから洗い、しっかり乾燥させる。(食器乾燥機は使用しないでください)

目止めの必要のない商品も多くありますが、粉引や貫入のある商品であれば、
目止めの処置をしてからご使用になることをお勧めします。

★使用前の汚れ防止
きれいな水に5分ほど浸し、水を吸わせてからご使用になるだけでも、汚れの侵入を軽減できます。
焼き締めのものや貫入のものは汚れが付きやすいので、毎回使用前にきれいな水を吸わせてから使用するといいでしょう。
このひと手間だけでも驚くほどの効果があります。
★表面の茶渋
貫入に浸みこんだ茶渋はあいにく、落すことはできませんが、表面の茶渋であれば、メラミンスポンジでやさしくこすれば落ちます。但し、表面に細かいキズを付けないように、こすり過ぎないでください。
★重層・漂白剤など
どうしても汚れが気になる場合は、使用方法を守って、重層や漂白剤をお使いいただいても良いと思います。
ただし、つけ置きなどはしないようにご注意ください。


***洗うとき・しまうとき
陶器は手洗いをお勧めします。
台所用の中性洗剤とスポンジで洗い、乾いた布で拭き、よく乾燥させてから、収納してください。
さいえでは、ほとんど取扱いがありませんが、
無釉のうつわ(焼き締めの器など)は、タワシでごしごし洗ってもOKです。
吸水性があるので、不十分な乾燥は、カビや臭いの原因となります。
特に、土見せと言って、釉薬をかけていないうつわの裏などは、カビになりやすいので、ご注意ください。

土見せになっているお皿の裏側
土見せになっているお皿の裏側

 

よく乾燥させた後、食器棚にしまう際は、形の違うものなどは、無理に重ねず、収納してください。
土見せのうつわや三つ足の器など、底がザラザラしていてる場合、
キズを避けるためにキッチンペーパーや布巾などを挟むのもおすすめです。

***陶器と食洗機・電子レンジ・オーブンなど

電子レンジの使用について

電子レンジの使用は、おすすめしていません。
使用している土や、かかっている釉薬によっても、電子レンジには向き不向きがあります。
先に書いたように、陶器の内側には空気がふくまれています。
急加熱・急冷はうつわへのダメージ大きいです。
陶器の中でも、しっかり目の詰まったようなものであれば、通常の使い方をできるものもありますが、
表面の色の変化や、貫入が進んでしまう場合もあります。

焼き締めの器でも、あたため程度とお願いしています。

 

—お客様から聞いた、電子レンジでのうつわのトラブル
粉引が黒ずんだ??
粉引という粉を引いたような白い釉薬のうつわを、ご購入されたお客様がいました。
後日、「電子レンジにかけたら、カップの色が黒ずんでしまった・・・」と、聞きました。
粉引など、白くて、繊細な釉薬のうつわは、特に急冷・急加熱に弱いです。
普通なら何年もかけて出てくる貫入が、あっという間にすすんでしまったり、
きれいな白がワントーンしずんだ色になってしまうことも、たびたび聞きます。
加熱から、さらに調理にいたるような使い方をしてしまうと、割れてしまう器もあったと聞いたことがあります。

不便かもしれませんが、電子レンジは加熱用容器に移し替えて、お使いください。
丁寧に扱えば、貫入も美しく育てていけますし、愛着も出て、器が食卓のパートナーになっていきますよ。

食器洗洗浄機について
こちらも電子レンジとほぼ同じで、おすすめしていません。
こちらもうつわによって向き不向きがあります。
陶器に関しては、手洗いがおすすめです。
洗浄機の中で器同士がぶつからないようにセットしていただければ、大丈夫なものもあります。
(磁器や焼き締めの器など。)
器に関しては、お店などにご確認いただいたり、食洗機の取扱説明書などをご確認ください。

 

—お客様から聞いた、食器洗洗浄機でのうつわのトラブル
粉引の表面がザラザラに・・・。
このトラブルも粉引です。結婚祝いにもらったお茶わんを毎日食洗機にかけていた、というお客様。
ふと気が付くと、なんだか表面が最初に比べてザラザラしてきている・・・と感じたそうです。
よく聞いてみると、そのうつわは、粉引でした。
食器同士がぶつかっていたせいか、水圧のせいか、もしくは食洗機の中で、食べ残したものが表面を削るから?なのか、
原因は特定できていませんが、粉引の表面が少しずつ削り取られてしまっていたようです。
毎日使うお茶わんだからこそ、日々の積み重ねでザラザラ化してしまったのかもしれません。
もしかすると、粉引以外のうつわも、表面に傷がついてしまっているかもしれません。
面倒ですが、手洗いで器の様子をチェックしてあげてください。

 

・直火・オーブンについて

直火・オーブンは基本的には破損の恐れがありますので、お控えください。
但し、直火・オーブン可。という表示があるものは、表示内容に従ってお使いくださいませ。


***陶器の修復方法について、私の経験
陶器は、カケることもありますし、割れることもあります。
小さなカケであれば、そのまま使っています。
欠けた部分が残っていれば、手っ取り早い方法では、陶器に使用できる接着剤を使ってみることも一つの方法です。
ですが、予想できる通り、何度も使ったり洗ったりしているうちに、接着していた部分が外れてしまう・・・
ということも大いにありますので、ご注意ください。

また、カケだけであれば、金継、銀継、漆継。という方法があります。

漆屋さんなどでは、修復をしてもらえる場合がありますが、
「カケであれば、1カケ1000円~2000円、割れであれば、1筋1000円~2000円くらいです。」と、
だいたいのお値段を教えていただきました。

別の漆継をされている方に、少し話を聞くと、、
「継いだからと言って、元の丈夫さに戻るわけではない」と、おっしゃられていました。
直したら、直す前よりももっと丁寧に扱ってあげてくださいね。

 

こちらは、金継を依頼した自前のカップです。

カップ自体は600-700円のカジュアルなもの。
金継は他のカップも合わせて5点依頼して、まとめて1万円でした。
(いろいろ状態の悪いものもあったので、これでもかなり安くしていただきました。)
値段はしますが、器がグレードアップする妙がすてきです。

金継のことを書いたブログです。
実際、金継の器が帰ってきたときは、器が凛々しくて、
より一層愛着が湧きました。
金継の依頼してきました
金継の器が帰ってきた

 

>>>最後に。

陶器は、難しい・・・と思われたでしょうか。
陶器は、避けて通れぬ、こわれもの。です。
それでも長く大事にしたい。
皆様がすきな器に出会えますように。
ごはんがおいしくなりますように。

タグ: