我が家の盛り付け 花びら小鉢


店主の盛り付け提案 我が家の盛り付け 花びら小鉢


種類も多い小鉢。
和食のお惣菜は当然似合いますが、いつも同じような献立になってしまって、
盛り付けや献立のバリエーションって、なかなか広がらないものですよね。。

少しだけですが、盛り付けしてみました。
今回使ったのは、

陶峰窯 花びら小鉢

京都の伝統的な染付技法を使った和食器。
どこか懐かしさもあって、和食が似合います。
サラダなどに使って、洋風にもチャレンジしたくなる小鉢。

 


盛り付けてみました


店主の手料理、お見苦しいときはごめんなさい。

■ひじき煮
20153-26

ひじき煮を作るとかなりの確率で自然とこの小鉢を手にとってしまう、
テッパンの組み合わせです。
煮物やお漬物は上手に盛り付けできるサイズ感。
和食の定番お惣菜なら、何でも来い!って感じもしますね。

 

■蒸し鶏のネギ塩
20153-28

ちょっと変化のある料理もなかなか似合いますね。
器の色、青と白でさっぱりした印象になりました。

夏の季節は、タレを変えるだけで、何度も食べられそうな簡単料理です。
タレを変えると和食を少し超えて、和食とアジアっぽい雰囲気にも使えそう。
いろいろな可能性が見えてきました。

和食にも通じる食材を使った料理なら、味付けがアジアでも洋風でも
盛り付けてみると似合うかも?という感じがしてきました!

 


めちゃくちゃ簡単に説明してますが 2つのレシピ


■ひじき煮
こんにゃくを十分ごま油で炒め、30分水戻ししたひじき、
うすあげ、ニンジンを加えて炒め、だし、しょう油、酒、みりん、砂糖少しと煮る。

■蒸し鶏ネギ塩
沸かした湯の上で20分蒸した鶏を、水菜の上に盛り付け、
ネギ、おろしショウガ、塩をごま油で炒めたものを天盛りする。
お好みで七味や、しょう油をかける。

-----

■蒸し方

蒸し器がなくても蒸し料理ができちゃいます。
お鍋に湯を沸かして、その上に網を渡し、上にステンレスボウルを乗せるやり方。
20分ほどで、立派に蒸し鶏ができます。
20153-27
*写真、すいません。

蒸して、下に落ちたスープは、鶏のスープとして、
そのまま野菜なんかを入れて、もう一品できるらしい。
母は、蒸す段階で野菜を鍋に入れてもいい。
と言ってました。すごく、簡単ですよね。
でも、鶏の油が気になるときは、最初にとっておいてくださいね。

 

*****

さいえオンラインショップで販売中▽
花びら小鉢 京都染付 陶峰窯 大花小花

陶峰窯さんの小鉢はいろいろ種類があるので、ぜひご覧ください。

タグ: