「ヒップな生活革命」を読んでます

毎週火曜か、たまに水曜にブログを更新しています。
たまには(いつも?)ゆるい話です。

 

わたくし、なぜか時々、社会的な話にすごく興味を持ってしまうときがありまして、
今もこの本を片手に、いろいろ思い出しながら、考え事を楽しんでいます。

20153-19

 

アメリカの味が変わってきたのは、どういう経緯か?

アメリカの味がおいしくなっていく経緯をたどっていく、ハイパーなセンスを持つ人々が
たくさん出てくる本です。笑

本の内容は、フードやコーヒーを中心に展開していますが、
クラフトとか、個人商店とかにも触れられています。

時系列を見ても、日本も(大阪も)なぜかほぼ同時進行といっていい時期に、
オーガニックとか、ナチュラルとか、クラフトとか、
食や文化のつながり合うムーヴメントが盛り上がっていたように思います。

手作り市、マルシェなんかが当てはまると思います。
ナチュラル志向な食生活や食材、料理。
手作りや手仕事と言われるハンドクラフト。
それに派生したワークショップなども。
さらには、今まで見えづらかったモノづくりの現場などなど。

ムーブメントきっかけは、リーマンショックで・・・とか、も書かれていたりしますが。
世界的にじんわりと広がる意識というのは、時代というか、
ネット社会の効果というか、いろいろ面白いですね。

昔は食べ物で遊んではいけません!と、言われていたけど、
最近はすっかりかわいい食べ物も増えたし、
見せる食べ物もすごく多いなぁ。と思います。
食べ物まわりのことは、まだまだ進化していくのではないかなぁと、
思ってみたりします。

かのリーマンショックで割と影響を受けたであろう父も、
すっかり自然派になり、今は畑でソラマメ作ってます。
やっぱり世界中の人の心に変化をもたらしたのでしょうか。
(いや。ただ年取っただけだよな。)

20153-20

当時には思いもしなかった光景・笑
「ソラマメの花、珍しいから(写真撮れ)」と言われました。
今年も、ソラマメBBQしたいと思います。

 

タグ: